催眠術についての質問-その1

まず、「催眠」には、「自己催眠」と「他者催眠」があります。

「自己催眠」とは、自分で自分の心をコントロールし、誘導していく技法で、「他者催眠」とは、他の人を催眠誘導していくことを言います。

他者催眠の利用法としては数限りなくあります。まず、人間の病には、肉体的な病と精神的な病があります。

たとえば、極度のストレスを抱えている人、悩みごとをずっと抱えている人、これはりっぱな「精神的な病」に入ります。

そのような状態の人は後遺症として、偏頭痛、肩こり、胃炎、その他いろいろな二次的な症状が出てきます。そこで一時的にでも、ストレスを取り除いてあげたり、悩みごとを忘れさせてあげるのが「他者催眠の力」なのです。

また、イライラ、緊張、不安、あがり等を取り除いてあげたりと、精神的な治癒力に関して言えば、「催眠の力」が最高であると言っても決して過言ではありません。しかし、なんでも催眠で治せると思うのは、非常に危険な場合があります。あくまでも医師との連係プレーでなくてはいけません。

医者に行っていろいろな検査、診察をしたところ、肉体的にはどこも悪いところはないと医師に診断されたのに、なにか一日中頭が痛いとか、胃がチクチク痛むとか、そのような被験者の場合、「催眠」の出番になるわけです。

しかし、あなたが催眠誘導がある程度できるようになったとき、催眠に導入して、ただ、「偏頭痛は完全に治りました」とか「胃の痛みはもう忘れました」では、そのとき一時的に治ったにしても、すぐに元に戻ってしまいます。

そこでまず、ストレスや悩みごとの。”根っこ”を探り出し、取り除いたり忘れさせてあげなくてはなりません。それにはまず「カウンセリングをかねたラポール作り」から始まり、催眠導入のあと、「どのような角度から”暗示”を与えていくか」、ここが非常に重要なポイントになってきます。

そこで、あなた独自のアイデアとセンスが生かされてくるのです。

たとえば欧米では次のような例がありました。

ある若者が、ガールフレンドとドライブを楽しんでいたとき、そのガールフレンドが急に腹痛に悩まされ、たまたまその彼氏の方が催眠術ができたので、催眠でその痛さをとってあげたところ、うそのようにケロッと治ってしまい、そのまま何日かたって、また腹痛になったので今度は医者に行ったところ、盲腸と診断され、手遅れ寸前だったという例があります。

この場合、催眠で痛みは忘れさせても、盲腸の治療にはならなかったというよい例だと思います。もしも二度目に腹痛になったとき、そばに彼氏がいて再び催眠で痛みを忘れさせてしまったらその後どうなったか、催眠者として人事ではすまされないような気がします。

催眠は、ときには考えられないくらいの力を発揮します。しかし、決して過信してはいけません。

どちらが難しいかといえば、「自己催眠」のほうが数倍難しいと言えるでしょう。催眠誘導する場合、難しい順番としては、自分で自分を誘導する「自己催眠」につづいて、自分の父母、兄弟等、また、あなたが催眠術をやるようになったずっと以前から親しく付き合っている幼なじみ、友人などを上げることができます。

要するに、あなた自身のことをあまりにも知りつくしている人は、どんなに素直な人でも、”こいつに催眠術なんかかけられて、私の心をコントロールできるわけがない”という反発心を多少なりとも持っています。したがって、初心者のうちは、あまり親しい人を被験者にして練習しないほうがよいと思います。

しかし、上達してラポール作りが上手になってくると、父母だろうと幼なじみだろうと、誘導することは可能になってきます。

最初のうちは特に、あまり親しくない人を被験者に選ぶことをお薦めします。

また、人の言うことを絶対に聞かないガンコな人、催眠を極端に嫌う人等は最初のうちは避けたほうがよいと思います。

よく”あいつはバカだからすぐかかっちゃう”とか”単純だからすぐかかる”という言葉を耳にします。

そんなことは絶対にありません。むしろ、知能の優れた人、何事にも探求心を持ち、頭脳明晰な人のほうが深く入ります。また、普段からイメージカに優れた、芸術家タイプの人等は、非常にスムーズに誘導することができます。

強いて催眠誘導しにくいタイプの人をあげるならば、こちらの言葉の意味を理解できない人、精神に異状をきたしている人等を上げることができます。

男性と女性ではどちらのほうが誘導しやすいか、という質問もよく受けますけど、これは非常に難しい質問で、私としてはまったく同じだと思います。しかし私の経験では、女性のほうが時間的に早く誘導されたように見えるだけで、深い催眠に誘導されていくのはむしろ男性のような気がします。これは男性と女性の筋肉組織の違いとか、ホルモン組織の違いによるものではないかと思います。

特に最初の「運動支配」に誘導するときは、「筋肉組織」のことを頭に入れておかなくてはなりません。